おそらく初の試み(と思われる)の「音楽の初盆供養」この一年の間に逝去された高名なアーティスト達をお盆に迎え入れようという、当番組ならではの特集であります。アレサ・フランクリンはほぼ一周忌。アンドレ・プレヴィンにハル・ブレインと、今こうして音楽を楽しめてるのは、こういった先達のおかげなのです。(2019.8.14 On Air)


01) 精霊の踊り(C.W.Gluck)/ チェコ・ナショナル交響楽団
02) ヴォカリーズ 作品34の14(S.Rachmaninov)/ アンドレ・プレヴィン & ロンドン交響楽団
03) 主よ、人の望みの喜びよ(J.S.Bach)/ ジャック・ルーシェ
04) Wave / João Gilberto
05) おもいでの夏(Michel Legrand)/ 羽田健太郎
06) 終着駅 / 奥村チヨ
07) わな / キャンディーズ
08) DOWN TOWN / ザ・キングトーンズ
09) Close To You(遙かなる影)/ Carpenters
10) Last Train to Clarksville(恋の終列車)/ The Monkees
11) I Wanna Be Free(自由になりたい)/ The Monkees
12) I Say a Little Prayer(小さな願い)/ Aretha Franklin
13) (You Make Me Feel Like) A Natural Woman / Aretha Franklin
14) Joanna / Scott Walker
14) How Do You Keep the Music Playing / James Ingram & Patti Austin
14) Bridge over Troubled Water(明日に架ける橋)/ Simon & Garfunkel