CATEGORY

オトノート

OtoNote vol.84

俗に言うところの「産業ロック」。売れてナンボの音楽界において「お前ら売れ線狙って音楽作ってんじゃねえ!」と世間 […]

OtoNote vol.83

春の陽気が少しずつ感じられてきました。こんな時は単純に陽気なポップスがいいかなとCD一掴みでスタジオにいったら […]

OtoNote vol.82

皆さんもそうでしょうが、私自身どうしてもこの記憶を消すわけにはいきません。ならば、こういう環境に身を置いている […]

OtoNote vol.81

年に一度ぐらいはプログレを検証しないと、と常々思っているわけです。しかしながらどうしても4大バンドに依存してし […]

OtoNote vol.80

還暦越えあたりの皆さんならきっと見ていたであろう、NHK日曜夕方6時からの「ステージ101」。もう50年ぐらい […]

OtoNote vol.79

結局いつも戻ってくるのがソフトロック。ならいっそのこと、昨年よりも踏み込んで特集してみましょう、ということでロ […]

OtoNote vol.78

さて、60年代に戻ってまいりました。人生も後半戦から終盤戦にさしかかると、これといった物欲もなくなり、ああ、毎 […]

OtoNote vol.77

70年代フォークを棚からひとつかみ。保さんと約10歳違うんですが、完全にポカーンのようです。まあ、赤ちゃん〜幼 […]

OtoNote vol.76

80年代を忖度しながら3週目。今日は棚からひとつかみです。相変わらず保さんこの曲してるかなあ、という忖度なので […]

OtoNote vol.75

保さんが実は聖子ちゃんやおニャン子クラブが大好きだったようであります。でもって「アイドル」に目を向けてみました […]